司法書士兼土地家屋調査士。不動産登記、会社登記、土地の境界のことならお任せ下さい。対応地域、兵庫県、大阪府 (なお権利に関する不動産登記については全国対応。)

神戸市垂水区の女性司法書士、土地家屋調査士

債務整理

債務整理

債務整理の方法として主に4つの手続きがあります。

どの手続きをとるべきかについては、例えば

  • 借金の額
  • 収入の額
  • 住宅を所持しているのか

等の要素を考慮し決定していくことになるでしょう。
特に借金の額がいくらなのかが重要な要素となりますが、この借金の額については、利息制限法に基づく引直し計算をした結果の金額です。ですので、借金の額が明らかな場合を除き、通常はまず最初に、貸金業者等から取引履歴を取り寄せて引直し計算をします。

なお、特定調停手続については、司法書士等の専門家が関与する場合、任意整理に比べ使い勝手がいいとは言い難いたいことからあまり利用されていません。


当事務所における債務整理の流れ


1  面談

全ての借入先を教えてください(一部の借入先を隠匿して手続きを進めた場合、自己破産手続きとることが困難となる可能性があります。)
契約書、レシート、カード等、その他資料があればご持参ください。

2  受任通知の発送

当事務所に債務整理を依頼することとなった場合、各債権者に対し債務整理を開始した旨及び取引履歴開示の請求をします。この受任通知が発送されると貸金業者については取立てが制限されます。
ご依頼者の方については一定期間貸金業者に対する支払いを止めていただきます。
なお、これにより信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されることとなります。

3  債権調査

開示を受けた取引履歴を基に、引直し計算をし、借金の額がいくらになるのかを計算します。

4  方針の決定

自己破産個人再生任意整理・過払いとなっているのであれば過払金返還請求を行います。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional